故人に安らかに眠っていただく お仏壇のおすすめ通販

ホーム > お仏壇の通販情報 > 最近は特に多くなっている現代風で洋風のデザインの仏壇

最近は特に多くなっている現代風で洋風のデザインの仏壇

本来は仏教信仰の対象としてご本尊を安置するのが仏壇です。
しかし、それと同時に家族が亡くなった場合にその位牌を祀り毎日の供養をする場にもなっています。
そして、現在は毎日の供養の場としての意味合いのほうが大きくなっているかもしれません。
また、お線香をあげたり、食事や水、故人が好きだったものなどを供えたりすることで、家族を失った悲しみを癒す場にもなっています。
仏壇は宗派によっていろいろと違いがあります。
新しく購入する場合、菩提寺があれば住職にいろいろと聞いてみることも必要かもしれません。
初めての場合四十九日の忌明けまでにご本尊、位牌と一緒に必要な仏具も揃えると良いようです。
それまでには、仏壇に関しての知識をある程度知っておいたほうが良いかもしれません。
そのほうが購入する際に迷う必要も少なくて済むでしょう。


仏壇には、使用する材料や加工の違いによって大きく分けてふたつの種類があります。
松や杉に漆を塗って金箔を施したものを塗り仏壇または金仏壇と言います。
現在は一部の宗派のみで用いています。
一方、桑、紫檀、黒檀などを使用しているため木目がきれいでシンプルなものを唐木仏壇と言います。
また、最近は一見それとはわからないようなプラスチックの新型仏壇と呼ばれるものもあるそうです。
加えて形にも代表的なものが2種類あります。
台の部分が引き出しになっていて、その中に経本などを入れておくことができるものを台付きと言います。
もうひとつの上置きは、その大部分が小型でタンスなど家具の上に置くことができます。
昔は仏間がある家も多くありました。
しかし、現在特に新しく建てられた住宅には和室がない家も多いようです。
そのため、仏壇を新たに購入する際にいちばん気にしなくてはならないのがその多き場所だと言われています。


最近の仏壇の特徴は現代的な新しいデザインが多いということだと言われています。
置く場所にも悩む人は多くいるようで、まず小型のものが望まれています。
選ぶ際には、家の広さ、置く場所、さらには経済的な事情も考慮することが必要になります。
また、仏壇は家庭の中にある故人の供養の場となるため、家族がいつも集まって一緒に故人を供養できることも大切な条件のひとつです。
そのため、あまり周囲の家具などとの違和感が大きかったりすれば、なんとなく居心地が良くないため敬遠してしまう場所になってしまう可能性もあります。
そのため、それらを考慮することはとても大切です。
洋風の家屋や部屋が多い現在では、仏壇のデザインも洋風のしゃれたもののほうが多く選ばれる傾向にあります。
実際に数としても洋風のいわゆるモダン仏壇と呼ばれるものが多く販売されているので、選択肢は豊富になっていると言えるようです。

次の記事へ