故人に安らかに眠っていただく お仏壇のおすすめ通販

ホーム > お仏壇の通販情報 > 置く場所のサイズを測って購入したい仏壇

置く場所のサイズを測って購入したい仏壇

少し前までは一家にひとつ仏壇があり、仏間に置かれているというのが一般的だったようです。
古いタイプの日本家屋などにも基本的には仏壇を置くための仏間が設けられており、仏壇が生活の中心となっていました。
おじいちゃんやおばあちゃんが拝んでいる姿を見て育った人も多いかもしれません。
しかし、最近の住居には基本的に仏間がありません。
現代的なデザインの家だと仏壇を置く場所も設けられていない場合が多くなっています。
仏壇に手を合わせるという習慣は日常的ではなくなっていますが、仏様や先祖とのつながりを大切にする場所として、その価値が見直されてきています。
様々な変化が暮らしの面では進行していますが、仏壇というのは心の拠り所として必要な場所であると言えるかもしれません。
しかし、そのスタイルは年々変化してきています。


仏間がない家が多くなっている現代では、仏壇も現代的なスタイルに変わりつつあるようです。
最近は小型のものや宗教色を排したタイプのものが好まれるようになっており、現代の家具にも調和させることが可能です。
初めて仏壇を購入し、家に設置する場合には、まずどこに置くかを決めてから購入するようにしたほうが良いでしょう。
仏壇を届けてもらったときに置く場所に想定していたところに入らなくならないように注意しておく必要があります。
仏間がない場合には、家族がお参りしやすいよう家の中心となる場所に設置することが多いそうです。
少し前までは置く向きなどを神経質に考えている人も多かったようですが、現在ではそこまで気にする必要はないと言われています。
ただ、直射日光が当たる場所や湿気が多い場所、エアコンの風が直接当たるところは避けたほうが良いとされています。


仏壇には基本的に床置きタイプと上置きタイプのふたつがあります。
仏間に置く場合は床置きタイプを選択することが通常となっており、その場合、150㎝程度の大きなものが一般的だそうです。
最近は家具の上などに置くことができる上置きタイプが人気となっており、それらは比較的小さなサイズのものも多くなっています。
場所をとらないうえ、現代的な家具のデザインとの調和をとることもできるため、リビングなどでも違和感がありません。
上置きタイプはコンパクトなものが多いので、どこにでも置けるイメージがあります。
しかし、実際置くとなると場所をとることもあるので、設置する場所のサイズをきちんと測ってから購入することが大切となります。
また、将来的に引越しをする可能性なども考えて、小さな仏壇を選ぶケースも増えているそうです。

次の記事へ